インカムゲイン

不動産投資は何かしらの不動産を購入して行う資産運用ですが、不動産購入後は2通りの方法があります。1つは売却して利益を得る方法、もう1つは他人に貸して賃料を得る方法です。2つのうち、他人に貸して賃料を得る方法の方が、不動産投資の旨みがあると言えるでしょう。 他人に貸して賃料を得る方法は、インカムゲインと言います。インカムゲインは他の資産運用にもあります。ただ、不動産投資の場合、インカムゲインによる収益が他の資産運用よりも優れているのです。 賃料、つまり家賃というのは、仕事をする目的の1つに家賃の支払いがあるくらいですから、それなりに大金です。その大金を、毎月決まった日に、継続して得られるわけですから、不動産投資のインカムゲインは優れているのです。

売却して利益を得る方法も優れていると言えるでしょう。優れている理由は確実性があるからです。このことは、他の資産運用と比較すれば、明白になります。 例えば、株式投資です。周知のとおり、株価の変動は激しいものとなっています。だからこそ、一夜にして大金を掴めることもあるのですが、その一方では、当然、投資した額、すべてを一夜にして失うリスクもあります。そして厄介なのは、株価の変動は予測が困難なことです。ですから、成功するか失敗するかは、ある意味、ギャンブルのようなものなのです。 その点、不動産価格の変動は緩やかです。その分、利益が少ないと言えますが、当然、リスクも少なくなります。その上、価格の変動の予測は、比較的容易です。ですから、失敗する確率は低く抑えられますので、利益を得る確率は高くなるのです。